合否を分ける重要な選択! パートナー選びは慎重に

たくさんの通信講座がある中から、どのような基準で選ぶのがよいのでしょうか。とにかく有名な会社の講座を選ぶという方法もあるでしょうし、自身の予算の都合で選ぶという方法もあります。
通信講座と一口で言っても、カリキュラムの質や受講料の価格など、さまざまなものがあり、運悪く質の悪い講座を選択してしまったら、合格するどころか最後まで勉強を続けることすらできずに終わってしまうかもしれません。
試験勉強のスタート地点である通信講座選びが、最終的な合否を決めることとなってしまうのです。
スタートでつまづかないためにも、良い通信講座を選ぶポイントを学んでおきましょう。

1 受講生の理解を深めるよう工夫されたテキスト

試験に出題される項目だけに内容を絞り込んだテキストがベスト。重要な項目はキレイに色分けされていたり、分かりにくい項目は図や表を使って解説していたりと、初心者でも分かりやすいように工夫がされているかどうかを見極めましょう。

2 講義メディアが付属しているかどうか

激安価格の通信講座の中には、ガイダンスだけで、講義を収録したDVDなどのメディアがついていないものもあります。
できれば、何らかの形でプロの講師の講義が聴ける講座を選んだほうが良いと思います。
テキストだけで勉強するよりも講義メディアの方が短時間で理解しやすいというメリットがありますし、通信講座のテキストは項目を絞り込んだシンプルなものが多いので、講義でテキストの足りない部分を講義で補うという意味もあるからです。

3 良心的な受講料

受講料があまりにも安すぎたり高すぎたりする講座は、信用できません。
重要なのは、講座のないように対して、適正な受講料が設定されているかどうかを見極めること。宅建講座の場合、基礎のテキストに講義DVD、問題集などがセットになったコースで、5万円前後というのが妥当な価格だと思います。