早く確実に合格したいなら、通信講座をおすすめします

資格試験に挑戦する人のほとんどは、『独学でも合格できるかな?』と考えたことがあるのではないでしょうか。
高い金額をかけずに気軽に勉強が始められるので、6割近い受験者が独学で宅建試験に挑戦している、というデータもあるそう。

独学で宅建を受験するのは、一般的な方法のようにも思えますが、多くの受験者が独学で挑戦しているからといって、確実にみんなが合格できるわけではないのはお分かりでしょう。独学は、本人の努力や耐久力がかなり影響する勉強方法で、すべての人に向いている方法ではないのです。
宅建は法律系国家資格の入門といわれていますが、合格率は毎年15%前後で、10人に8人以上は不合格となってしまう難しい試験であることを認識してください。

独学ではどうしても挫折してしまう…という人や、独学で受験したけど失敗した…という人は、通信講座の受講をおすすめします。
受験のプロである通信講座は、受講生が理解しやすいように工夫が凝らされたテキストや講義DVDなどを使い、確実に合格へと導いてくれます。
通学講座のように、「定時に通学しなければならない」という時間的な拘束はありませんし、「教室が遠いから通学できない」というような地理的な問題もありません。
受講生のモチベーションを維持するためのサポートシステムも充実していますので、志半ばで挫折することも少ないでしょう。

 

長期間じっくり勉強して合格したいという方は別ですが、短期間の試験勉強で確実に合格したいと思っているなら、少々の出費は覚悟して通信講座の力を借りてみるのが賢明だと思います。